中津・桜ともみじの会実行委員会事務局|大分県中津市|水資源のかん養|観光資源の創造|地球温暖化の防止|森林資源の整備保全|植樹

qrcode.png
http://sakura-momiji.com/
モバイルサイトにアクセス!
中津・桜ともみじの会実行委員会事務局(中津商工会議所内)
〒871-0055
大分県中津市殿町1383-1
TEL.0979-22-2250
FAX.0979-22-1750
 

桜の種類

 

早咲きのサクラ(3月上旬から中旬)

早咲きのサクラ(3月上旬から中旬)
 
1.寒桜 カンザクラ
熱海桜とも呼ばれ、暖かい地方では1月から開花する。(東京では3月上旬)。寒冷地には適さない。
 
2.河津桜 カワヅザクラ
伊豆半島の河津町で発見された早咲きの桜。花色が濃く美しい。東京では3月上旬に開花。
 
3.寒緋桜 カンヒザクラ
台湾などに自生しており、”台湾緋桜“、”緋寒桜“とも呼ばれる。花は鐘状で平開しない。3月中旬に開花。
 
4.修善寺寒桜 シュゼンジカンザクラ
伊豆の修善寺境内に原木がある。大木となるが枝は横に広がらない。3月中旬に開花。
 

染井吉野よりも早く咲くサクラ(3月下旬)

染井吉野よりも早く咲くサクラ(3月下旬)
 
5.大寒桜 オオカンザクラ
枝が横に広がり傘状の樹形となる。東京では染井吉野より1週間程度早く咲き始める。
 
6.オカメ
イギリスの桜愛好家により作られた。あまり大きくならないので小さな庭でも楽しめる。
 
7.江戸彼岸 エドヒガン
春、彼岸の頃に開花する野生の桜で、樹勢が強く大木となり寿命も長い。
 
8.小彼岸 コヒガン
江戸彼岸と豆桜の雑種と推定される。花着きがよく、あまり大きくならないので小さな庭園にも向く。
 
9.越の彼岸 コシノヒガン
江戸彼岸と近畿豆桜の雑種。江戸彼岸系の中では大輪で花色も濃く美しい桜。
 
10.紅枝垂 ベニシダレ
枝垂桜は江戸彼岸の変種で、本種はその中でも花色が特に濃い品種。寿命が長く大木になる。
 
11.大漁桜 タイリョウザクラ
熱海市で角田春彦が作出した品種で、桜鯛の色と漁の時期に因んで名付けられた。潮風に強い品種。
 
12.大島桜 オオシマザクラ
伊豆大島や伊豆半島、房総半島の一部などに自生する野生の桜。潮風に強い。
 

染井吉野と同じ頃に咲くサクラ(4月上旬)

染井吉野と同じ頃に咲くサクラ(4月上旬)
 
13.染井吉野 ソメイヨシノ
お花見の桜として親しまれている。成長が早く極めて大きくなるが、てんぐ巣病にかかり易い。
 
14.陽春 ヨウシュン
高岡正明が愛媛県丹原町で発見した。染井吉野よりてんぐ巣病にかかり難く大輪花。
 
15.神代曙 ジンダイアケボノ
都立神代植物公園に原木がある。染井吉野よりもてんぐ巣病にかかり難く花色が濃い。
 
16.小松乙女 コマツオトメ
東京上野の小松宮像の近くにある桜。染井吉野に似るが、花期が少し早い。江戸彼岸系。
 

染井吉野の少し後に咲くサクラ(4月上中旬)

染井吉野の少し後に咲くサクラ(4月上中旬)
 
17.八重紅彼岸 ヤエベニヒガン
小彼岸の桜。中輪八咲きで枝は直立する。鮮やかな花が一斉に咲くので、際立って見える。
 
18.紅豊 ベニユタカ
染井吉野にやや遅れて開花する八重咲きの美しい桜。余り枝が横に広がらない樹形となる。
 
19.仙台屋 センダイヤ
花色が紅色で美しいため名前が付けられた山桜系の品種。大木になるが枝はあまり広がない。
 
20.八重紅大島 ヤエベニオオシマ
八重咲きで美しい大島桜系の品種。染井吉野にやや遅れて咲き、丈夫で潮風にも強い。
 
21.思川 オモイガワ
染井吉野にやや遅れて咲く半八重咲きの美しい桜。花着きがよく全体が花で覆われる。
 
22.高砂 タカサゴ
あまり大きくならない八重桜で、庭園などによく映える。’南殿‘または’早生‘とも呼ばれる。
 
23.八重紅枝垂 ヤエベニシダレ
八重咲きで優美な枝垂桜。平安神宮の内苑に植えられているのは有名で多くの人を魅了する。
 
24.雨情枝垂 ウジョウシダレ
詩人の野口雨情に因んで名付けられた桜。八重紅枝垂より大輪だが、余り大木にはならない。
 

4月中旬に咲くサクラ

4月中旬に咲くサクラ
 
25.楊貴妃 ヨウキヒ
花があでやかで美しいことから楊貴妃に因んでこの名が付いた。樹高はあまり高くならない。
 
26.太白 タイハク
イギリスから里帰りした品種で、白色で一重咲き、大輪の花を咲かせる。樹勢は強く大木となる。
 
27.市原虎の尾 イチハラトラノオ
花の咲き方が特徴的で白い花が虎の尾状に密生する。緑の若葉と花のコントラストが美しい。
 
28.一葉 イチヨウ
花の中心から葉化した雌しべが1本出るのでこの名が付けられた。丈夫で美しい八重桜。
 
29.永源寺 エイゲンジ
滋賀県永源寺町の永源寺にあった桜。大輪の白い花を咲かせる。
 
30.早晩山 イツカヤマ
樹形が横に拡がらない盃状となるので、街路や狭い場所に適する白花系の八重桜。
 
33.白雪 シラユキ
白花のサトザクラで花着きがよく、全体が花で覆われる美しい桜。
 
34.白妙 シロタエ
白花の八重桜では代表的な品種。樹勢が強く大木となる。
 
35.朱雀 シュジャク
古くは京都の朱雀にあったのでこの名がつけられたといわれ、‘スザク’とも呼ばれる。
 
36.千里香 センリコウ
花に芳香があることでこの名が付けられた。大輪で一重または半八重の花を咲かせる。
 
37.手弱女 タオヤメ
京都の平野神社にある桜で、八重咲で萼筒や萼片が深い紅紫色になり花と調和してとても美しい。
 
38.御車返し ミクルマガエシ
花の美しさに御車を返してこの花を眺めたとも伝えられる桜で、桐ヶ谷とも呼ばれる。
 

4月下旬に咲くサクラ

4月下旬に咲くサクラ
 
39.天の川 アマノガワ
枝が直立し、円柱状となるので狭い庭などに適する。淡い芳香がある。
 
40.妹背 イモセ
京都の平野神社にある桜で、‘平野妹背’とも呼ばれる美しい八重桜。
 
41.鬱金 ウコン
桜の中で黄緑色の花を咲かせるものは珍しい。樹勢は強く全国で栽培されている。
 
42.関山 カンザン
花は濃紅紫色で八重桜の代表的品種。桜湯として用いられる。
 
43.御衣黄 ギョイコウ
桜の中で緑黄色で八重咲の花を咲かせるものは珍しい。
 
44.紅華 コウカ
北海道松前町で作出された新しい品種。花色は濃く花期も長い。
 
45.松月 ショウゲツ
最も花の美しい八重桜。樹勢は余り強くない。
 
46.駿河台匂 スルガダイニオイ
花に芳香がある匂い桜の中でも、特に香りが強い。
 
47.泰山府君 タイザンフクン
枝が上に向かって伸び、箒状の樹形となる。
 
48.花笠 ハナガサ
北海道松前町で作出された新しい品種。大輪で美しく、樹勢も強い。
 
49.梅護寺数珠掛桜 バイゴジジュズカケザクラ
親鸞上人にまつわる伝説を持つ菊咲きの桜。山桜系。
 
50.福禄寿 フクロクジュ
花が大輪で美しい八重桜。花着きもよい。
 
51.普賢象 フゲンゾウ
緑化した2本の雌しべが普賢菩薩の乗る象の鼻に似ることからこの名が付けられた。
 
52.紅笠 ベニガサ
北海道松前市で作出された新しい品種。花の外側が紅色に染まるためこの名が付けられた。
 
53.八重紫桜 ヤエムラサキザクラ
その名のとおり紅紫色を帯びた濃い花を咲かせる。半八重咲きの桜
 
54.鵯桜 ヒヨドリザクラ
長い間、絶滅したと思われていたが石川県七尾市で再発見された珍しい菊咲きの品種。
 
55.蘭蘭 ランラン
北海道松前町で作出された新しい品種で、4月下旬に咲く白花系として代表的な八重桜。
 
56.紅時雨 ベニシグレ
北海道松前町で作出された品種で、樹形が横に拡がらない盃状のため街路や狭い場所にも適す。
 
57.須磨浦普賢象 スマウラフゲンゾウ
神戸市須磨浦公園で発見された普賢象の枝変り品種で、平成生まれの黄緑色花の八重桜。
 

5月上旬に咲くサクラ

5月上旬に咲くサクラ
 
58.兼六園菊桜 ケンロクエンキクザクラ
金沢の兼六園にある桜で、花弁が300枚以上ある。
 
59.奈良の八重桜 ナラノヤエザクラ
霞桜系の品種で花期は遅い。’いにしえの奈良の都の八重桜・・・’はこの品種ともいわれる。
 
60.極楽寺桜 ゴクラクジザクラ
兵庫県芦屋市の山中で極楽寺太一が発見した、霞桜系の美しい菊咲きの品種。
 

二季咲きのサクラ(秋、冬と春)

二季咲きのサクラ(秋、冬と春)
 
61.十月桜 ジュウガツザクラ
10月頃から咲き始め、翌春にも咲く、年二回花を咲かせる珍しい桜。小彼岸系の品種。
 
62.冬桜 フユザクラ
11月から12月にかけてと春に二度花を咲かせる。群馬県鬼石町の三波川冬桜はこの品種。
 
63.アーコレード
英国で育成された品種で、日本では二季咲きとなる。花は十月桜より大輪で濃い色。
<<中津・桜ともみじの会>> 〒871-0055 大分県中津市殿町1383-1 TEL:0979-22-2250 FAX:0979-22-1750